京都松尾の「天ぷら松」で絶品料理に舌鼓

メニューのサムネイルです

 

 本日は、旧知の行政書士の先生にお招き頂き、阪急松尾駅近くの「天ぷら松」で、その先生及び先生のご家族並びに私及び私の妻とともに、珠玉の昼食タイムを過ごしてまいりました。

 阪急松尾駅に降り立ったのは初めてです。嵐山駅のひと駅手前で、趣のある風情です。

松尾大社も有名、駅は木造

駅から歩いて、5分ぐらい、桂川を北上するとお店の、看板が見えてきました。

天ぷら

外観は平凡です

正面はこんな感じです

趣はあります

ネーミングは「天ぷら屋」さんのようですが、料理は、非常に凝ったものが出てきます。
北大路魯山人も来ていたそうです。
店の中はこんな感じです。

落ち着いた感じの個室に通していただきました。

部屋からあゆ釣り人の姿も

秋は紅葉の景色が素晴らしいそうです。

それでは、一品目です
一品目

左から、もずく酸、近江こんにゃく、鱧の子

彩りも綺麗ですが、1品目から味が素晴らしいです。
桜えびのお汁

湯葉と大根が入った、桜えびのお汁です

揚げた桜えびをその場でおわんに入れて、濃厚な桜えびのお汁を注ぎ込みます。

揚げたてです

こうやって、入れてくださいます

そして!

時間をかけて、桜えびを煮込んで濾してあるそうです

このように、お汁を注ぎ込みます
エビポタージュのように濃厚なスープですが、お出汁と桜えびだけで、この色です。
味もおいしー!

お刺身も美味しい

右のとり貝には暖かいゆず湯がかかっていて、これが絶品です。
何気ないようで、びっくりの美味でした。

ゆきのしたの葉もおいしいです

ぐじ(アマダイ)の身を、とろろ昆布で巻いて、一日おいてから揚げているそうです。
白い松ぼっくりみたいなのは、ぐじのうろこだそうです。
あとは、くこの実とミョウガです

ウニ、そら豆、魚の身が入ったせいろ蒸しご飯

食事の真ん中でこれが出てきました。
最初はこの状態で出てきました。

上に載っているのは、ワサビの葉

 次の一品でノックアウトです

鱧と松茸!最強です
何も言うことありません。お汁も最後の一滴まで余すことなくいただきました。
さらに続いて

天ぷら第1段 鱧となす

天ぷらが続きます

しし唐とかぼちゃ

この次もビックリ仰天です

氷の器に手打ちのヨモギの細うどん

まさに、涼!
すずやか、とはこのことです。
。見た目だけでなく、とろろ入でかつおだしが効いていて、ヨモギの香りが素晴らしい調和を醸し出しています。全員2杯目を頂きました。
そして最後のスイーツ

黒蜜にきな粉を入れてそれを付けていただきました

どの料理も最高でした。
また、行きたいと思うこと間違いなしのお店です。
 先生とは一年ぶりの再会ですが、もうすぐ3歳になられるお嬢さんも、とても可愛らしく、お利口さんにしておられました。
 話も弾んでとても楽しい時間を過ごすことができました。
 こんな素晴らしいお店にご招待いただいた、先生と奥様に心より感謝の想いを込めて
ありがとうございました!

コメント

  • こんばんは。早速にサイトにアップしてくださって感激しました。
    今日はお休みのところ、嵐山までお運びくださって有難うございました。久しぶりにゆっくりとお話を伺えて本当に楽しいひと時でした。
    食事のお写真、すごく上手に撮れていて美味しさが伝わりますね!
    (実際にいただいた私たちはより実感を伴って美味しい記録になります)お料理のコメントの記憶力には脱帽です。さすがです!!

    また今後とも家族共々宜しくお願い致します。

    2011年7月24日 10:22 PM | naochanpa&ma

  • こちらこそ、早速コメントを入れていただき、ありがとうございます。 
    今日は本当に楽しい一日でした。
    たくさんのいい刺激をいただき、また明日から頑張ろうと思うことが出来ました。
    また近いうちにお会いできますように。
    今度はうちが何か楽しい企画、考えますね。

                    from y and m

    2011年7月24日 10:55 PM | yasunori sada

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://sada-office.xsrv.jp/archives/1091/trackback