やっと会えた愛犬、福島の被災者

朝日新聞電子版から
━━━━!!引用ここから━━━━!!
 東日本大震災で被災したペットを預かるNPO法人「日本アニマルトラスト」(大阪府能勢町)が8日、福島県などから飼い主14組39人を招き、ペットたちとふれあう祭りを開いた。

 同法人は捨て犬や猫などを保護する団体。「ペットは被災者の精神的な支えでもあるはず」と4月から福島、宮城、岩手にスタッフを送り、主に仮設住宅や避難先で飼えなくなった犬や猫を預かり始めた。

 ピーク時は約200頭。今も約150頭を預かる。週に一度は電話やメールで飼い主に様子を伝えてきたが、「実際に会って元気を出してもらいたい」(甲斐尚子代表)とバスを用意し、無料で招いた。

 福島県南相馬市から山形県天童市のアパートに避難する佐藤裕美子さん(40)は家族3人で訪れ、5カ月ぶりに小型犬のメイ(6歳)と再会した。避難先では周囲を気にして車の中で世話をしていた。暑くなるのを心配し、知人を通じて預けた。「もう忘れられたかとも思ったけど、喜んでくれた。早く生活を立て直して連れて帰りたい」と話した。
━━━━!!引用ここまで━━━━!!

 この日本アニマルトラストは、私が成年後見人就任している本人(被後見人)のペットのことで、調べたことがあります。
茨木からだと、隣町ですしね。結局この法人には依頼しなかったのですが、依頼が殺到しているそうです。
 この種の団体でちゃんとしたところが少ないのが現状です。
私自信ワンコの飼い主としても、関心があり、また成年後見業務においても、
被後見人が老人福祉施設等に入所する際、従前飼っていたペットの処遇をどうするか、
同職・司法書士の間でも話題になることがあり、かなり悩ましい問題です。
本人の心の支えであった大事な家族と同視しうるような関係だった場合はどうすればいいのか?
みんな悩んでます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://sada-office.xsrv.jp/archives/1735/trackback