社会福祉士会三島支部&リーガルサポート北摂ブロック交流会IN茨木

 昨日は大阪社会福祉士会三島支部の会員のみなさんと、リーガルサポート大阪支部北摂ブロックの会員との交流会に参加してきました。一応私もリーガルサポート発足時からの会員なので高齢者、障害者の施設についての知識もそれなりにはあると思っていましが、まだまだです。「救護施設」という施設がありそこの生活支援員の方とお話する機会がありました。
日本に180ぐらいしかないそうで、生活保護法に基づく基づく施設で、入所者は生活保護の受給者だそうです。
 高齢者から、障がい者、90歳代から20歳代までの色んな境遇の方が200人入所しているそうです。ただ、生活保護を受給して貰わないと、生きてゆけないということは、共通しているそうです。複合総合施設といった感じです
なかには、まれに自立をめざして、一人暮らしを始める人もいるそうですが、そう方のフォローもしているそうです。本当は成年後見人にサポートしてもらうのがベストなのだが、生活保護受給者なのでハードルが高いと仰っておられました。
 法テラスや、成年後見人の報酬を手当する基金もあるので、リーガルサポートに相談してくださいとお答えしました。
地道に世の中のセーフティーネットを支えている方がたくさんいることを知る良い機会になりました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://sada-office.xsrv.jp/archives/2452/trackback