成年後見、参院選から選挙権回復 与野党合意

47ニュースから

http://www.47news.jp/CN/201305/CN2013051401002114.html

与野党は14日午後、成年後見人が付くと選挙権を失う公職選挙法の規定を削除して被後見人に一律に選挙権を付与する同法改正案について合意した。夏の参院選から選挙権を回復させる。各党の了承手続きを経て、17日にも議員立法として共同で国会提出し、月内に成立させる運びだ。

自民、公明両党が呼び掛けて国会内で開かれた協議には新党改革を除く与野党9党の実務者らが出席。野党側から「重要な公選法改正案なので質疑は必要だ」との意見が相次ぎ、委員会での審議を省くことは見送った。新党改革は事前に賛成の意向を伝えた。

-ここまで-

7月の参院選では被後見人の選挙権は復活することがほぼ決まったといってもいい情勢です。

そこで、考えないといけないのが、後見人が、被後見人の選挙権の行使をどうやって保証するかですね。
後見人が選挙制度をちゃんと熟知している必要があります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://sada-office.xsrv.jp/archives/2687/trackback