長友佑都「上昇思考」複数回読書命令!

 先週の始めに、現在高校2年生の長男が、小学校時代お世話になったサッカーのクラブチームの監督から指示がありIntel Milanoのサイドバックの長友佑都著「上昇思考」を3回は繰り返し読むようにとの、お達しがあり、まずは父親が読まなくてはと思い、早速読んでみました。
 ちょっと話を脱線させると、小中学校のクラブの監督というのは、私たちが学生だった昔と全く違い、細くではありますが、父親同士、コーチ陣とでさえも付き合いが長く続いていくのです。
 本論に戻りますと、本書は、若干26歳の青年の著書ですが、ウームなるほど!と呻ってしまうような素晴らしい内容でした。トップアスリートの緊張しない強い心、プラス思考、試合中の感情の起伏をなくすこと、それらを自ら訓練していくことによって自分のものにして行く過程が事細かに記されてます。私より20歳年下ですが、頭が下がりました。もちろん感謝のこころ、人を思いやる心についても記述があり、ある意味、素直で純朴なのですが、そこからまっすぐな強さを感じることができます。怪我をしたときや、監督に評価されず、試合に出られないときの心の持ちようについても書かれています。「上昇志向」ではなくて「上昇思考」という題名が示すとおりです。
 この本は、サッカーだけにとどまらず、私たちが仕事上や、実生活の中での心の持ち様に大きな示唆を与えてくれており、普遍性のある秀逸の書であると思います。是非ご一読をお勧めします。

上昇思考幸せを感じるために大切なこと

新品価格
¥1,365から
(2012/8/29 20:24時点)


コメント

  • 千里高校サッカー部の監督は「感謝と謙虚」をモットーに子供達に勝利至上主義ではなく学校教育の延長線上でサッカーの指導をされておられます。同じ指導者として今まで出会ったことのない素晴らしい指導者です。私はこの2年半、出来る限り試合を見に行ったり、合宿を見に行ったりして、その指導者の指導方法をずっと勉強してきました。でも、まだまだ勉強し足らない状況です。是非とも佐田さんも息子さんをとことん追い込んでいるその指導者の指導方法を近くでご覧になって下さい。サッカーだけでなく実生活や仕事における大切なことを指導してくださっています。本当に勉強になりますよ!

    2012年9月10日 10:31 PM | 久瀬一善

  •  久瀬さん、コメントありがとうございます。久瀬さんと同じようにはできませんが、これから、試合を見に行く機会を増やしていくようにします。先週土曜日は、中西さんおすすめの梅林銀座にカツ丼を食べに言ってしまったので、選手権見ることができません出した。私も今後は千里高校サッカーチームのサポータになりきろ所存です。

    2012年9月10日 11:31 PM | yasunori sada

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://sada-office.xsrv.jp/archives/2530/trackback