Notice: register_sidebar が誤って呼び出されました。「サイドバー 1」サイドバーの引数の配列で id が設定されませんでした。既定では「sidebar-1」です。id に「sidebar-1」を設定することでこの情報を消して、既存のサイドバーのコンテンツを保つことができます。 詳しくは WordPress のデバッグをご覧ください。 (このメッセージはバージョン 4.2.0 で追加されました) in /home/sada-office/sada-office.xsrv.jp/public_html/blog/wp-includes/functions.php on line 4100
司法書士佐田康典の業務お疲れ日誌(汗) » 2012 » 9月 » 10

長友佑都「上昇思考」複数回読書命令!

 先週の始めに、現在高校2年生の長男が、小学校時代お世話になったサッカーのクラブチームの監督から指示がありIntel Milanoのサイドバックの長友佑都著「上昇思考」を3回は繰り返し読むようにとの、お達しがあり、まずは父親が読まなくてはと思い、早速読んでみました。
 ちょっと話を脱線させると、小中学校のクラブの監督というのは、私たちが学生だった昔と全く違い、細くではありますが、父親同士、コーチ陣とでさえも付き合いが長く続いていくのです。
 本論に戻りますと、本書は、若干26歳の青年の著書ですが、ウームなるほど!と呻ってしまうような素晴らしい内容でした。トップアスリートの緊張しない強い心、プラス思考、試合中の感情の起伏をなくすこと、それらを自ら訓練していくことによって自分のものにして行く過程が事細かに記されてます。私より20歳年下ですが、頭が下がりました。もちろん感謝のこころ、人を思いやる心についても記述があり、ある意味、素直で純朴なのですが、そこからまっすぐな強さを感じることができます。怪我をしたときや、監督に評価されず、試合に出られないときの心の持ちようについても書かれています。「上昇志向」ではなくて「上昇思考」という題名が示すとおりです。
 この本は、サッカーだけにとどまらず、私たちが仕事上や、実生活の中での心の持ち様に大きな示唆を与えてくれており、普遍性のある秀逸の書であると思います。是非ご一読をお勧めします。

上昇思考幸せを感じるために大切なこと

新品価格
¥1,365から
(2012/8/29 20:24時点)